自転車を正しく乗る方法

車を運転する前に座席を調整するのと同じように、座席を調整することは乗る前の最初のステップです。しかし、2つの簡単なステップがあることを見逃しがちです。

シートの高さと位置を調整します。

まずシートの高さを調整します
足が最低点に当たったとき、ふくらはぎと太ももの間の角度は25°から30°の間です。このようなストレッチ姿勢は、スタンピードの出力を考慮に入れることができますが、スタンピードの膝関節を許可しません。角度が小さすぎて、摩耗や裂傷による過度の伸展。
第二に、位置調整前後のシート

これは、膝の怪我にも関係しているため、最も見過ごされているセクションの1つです。
調整方法:最初にクッションに座り、3時の方向に足を置き、次に前足をペダルの中心(つまりペダルシャフト)を通る垂直線で「膝のポイントの下」に下ろします。クッションの位置も、出力の踏みつけや膝の擦り傷の前後に脚に影響を与えるため、注意が必要です。

How to ride a bike properly


投稿時間:2021年12月11日